イーサリアム・ジャパン

PoWブロックチェーンはバランスアタックを受けるぜい弱性を持つ可能性がある


概要

コンセンサスアルゴリズムにProof of Workを使用したブロックチェーンは”バランス攻撃”に対して脆弱になるという唯一の弱点を持つ可能性が浮上し、シドニー大学のグループの研究者はこの新しいタイプの攻撃の詳細を記述した論文を発表した。

 

影響を受ける暗号通貨

そのバランスアタックは安定したマイニングパワーを持つノードをターゲットにしたもので、ノードのサブグループ間のネットワーク通信の遅延させることにより、このバランスアタックはイーサリアム(ETH)とビットコインの様なProof of Workブロックチェーンに強制でトランザクションを二重に実行させます。理論研究はR3コンソーシアムで使用されたブロックチェーンインフラストラクチャに似ているコンフィギュレーションとその他の関係するスタティックをベースとしています。

 

攻撃方法

研究員は実際のイーサリアムの理論モデルと似たパラメータを持つイーサリアムのプライベートチェーンを使用した研究により論理的所見を裏付けており、論文によると、アタッカーは安定したマイニングパワーを持つノードの2つのサブグループに対し異なるメッセージ通信を選ぶことができます。この攻撃を行うためにはまずアタッカーは”トランザクションサブグループ”とラベル付けされた一つのサブグループにトランザクションを発行、ブロードキャストし、同時に”ブロックサブグループ”と呼ばれるもう一つのサブグループでマイニングします。

継続的に選択的なトランザクションのブロードキャストを一定期間行うことによってブロックサブグループにトランザクションのサブグループにより生成されたものより上回ったツリーを作成させてしまいます。

 

バランスアタックの起こす影響

このプロセスの間、アタッカーはブロックチェーンのブランチを残りのノードから完全に隔離するゴーストプロトコルを適用することが可能であり、隔離されたブランチは

ブランチ選択のプロセスに影響を与える他の競合するノードを出現させることになります。ブランチ選択に影響を与えることにより、バランスアタックはメインブロックの継続を崩壊させてしまい、その結果以前のトランザクションを書き換え、二重トランザクション攻撃をするためにネットワークを開始します。

成功するバランス攻撃を行うため、アタッカーは少なくとも20分の時間を要し、かつ5%のネットワークのハッシュパワーを有する必要があります

 

攻撃の影響を受ける可能性のあるブロックチェーンネットワーク

このバランスアタックの理論は特にイーサリアムプロトコルとプライベートブロックチェーンの脆弱性を晒していますが、アタッカーがビットコインネットワークにおいて十分のハッシュパワーをコントロールできる場合は、この方式はビットコインブロックチェーンの崩壊の可能性もあります

元記事

www.newsbtc.com

 

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2017 イーサリアム・ジャパン

テーマの著者 Anders Norén