Poloniexでのレンディングサービスbitseederをローンチ


現在加熱するビットコインをはじめとする仮想通貨。一年前の5月の価格は約5万円前後で現在の価格は25万円を推移しており、単純に見ても5倍の高騰を見せています。また一般層の資金流入に伴いビットコインを基軸通貨とした対のアルトコイン全体の時価総額も同様に高騰し注目を集めており、その背景にはビットコイン現物の枯渇に伴いビットコインのレンディングが注目を集めています。

スポンサーリンク

ビットコインのレンディング

ブロックチェーン技術を基にした仮想通貨はフィアットとは違い、プロトコル上のルールに従い新たな通貨を発行します。これは中央集権者がおらずフィアットの様に銀行がコントロールしておらず、金利などは一切発生しません。ですがビットコインを例にすると最大発行数は2,100万BTCであり2017年5月現在は中国の現物引出し規制により、現物の枯渇が問題となっています。

仮想通貨のレンディングとは?

アルトコイン市場世界最大の取引所Poloniexは世界中のユーザーに使用され、日本も例外ではなく、イーサリアムやERC20トークン(イーサリアムネットワークをベースにしたサードパーティによる仮想通貨)時価総額上位のほとんどの仮想通貨を上場しており、アルトコイン出来高は世界一位となっています。

 

24時間の出来高を確認するとわかる様に上位5位までを占めており、信用取引を行う際にPoloniexから現物を貸し出すのではなくユーザーがユーザーへとオファーを行い現物を確保しています。これをレンディングといい貸し出すユーザーは手数料を得ることができ、実質”仮想通貨での金利”となっています。

Poloniex Lending Botとは?

通常レンディングは主動でオファーを行いますが取引所が提供するAPI(自分が作成した外部プログラムを取引所のプログラムと連携させる)を使用し、自動で再度オファーを行うことのできる”Poloniex Lending Bot”というものが存在します。これはPoloniexの公式ではなく、ユーザーがAPIを使用して作成したBOTをサービスとして提供している独自サービスとなっています。

レンディングを自動化する理由

「要するにマニュアルで再度レンディングを行うよりも自動化することにより、その間の時間の浪費や手間を省きより効率的に利益を得ることができるからです」

レンディングで1日10BTCをトレーダーにオファーした際、金利が1日単位でかかってきます。もしトレーダーが利益を得てすぐ返却したい場合、1日ではなく数時間で返却されることもあり、それに気づかず2日後にログインして確認すると1日以上レンディングを行わないという”無駄”が発生します。こういう点をレンディングBOTで補う事により、より効率的な利益を出すことができるというのが大きな理由となっています。

レンディングBOTを提供する理由

「誰しもがプログラマーとしてのスキルを持っておらず、効率化を図りたいとしても出来ないということが大半だからです」

独立行政法人情報処理推進機構による調査によると日本におけるコアITエンジニアプロフェッショナルレベルの人材は2015年の時点で約38万人で、2011年と比較すると増加はしていますが日本全体の労働者が6,598万人であることを考慮すると0.6%の割合しかいないことがわかります。更にAPIを使用しBOTを組むことができる人数を考えると実際のサービスを利用できるユーザーが極端に少ないことがわかります。

2011-2015年ITエンジニア人口推移

参考:IT人材白書2016

 

APIに危険性はないのか?

「PoloniexではAPIが構造化されており、引出しや取引制限をAPIで禁止することにより安全に使用できます」

bitFlyerなどが提供する取引用APIなどは引出しや取引などを自動で行うBOTのためにオーダーなどまで提供を行っていますが、レンディングBOTには必要ないため予め制限をしておくことにより、外部からアクセスされ資金を盗まれるということはありません。

*必ず設定をしていることを各自必ず確認を行ってください。

レンディングサービス”bitseeder”のローンチ

©bitseeder.net

2017年5月23日仮想通貨のレンディングサービスとしてbitseederのローンチを発表。これは日本語対応サービスとしては日本初となり、英語が苦手な人でも安心して管理を行えます。

スポンサーリンク

bitseederとは?

自信が保有するビットコインやアルトコインをPoloniexの信用取引を行うトレーダーにオファーし、仮想通貨を自動で運用するサービスです。

「これからの仮想通貨投資は”自動運用”へ。継続的収益で最大のリターンを」

というコンセプトの元、ユーザーにレンディングサービスを提供します。

bitseederとPoloniex Lending Botのサービス比較

bitseederとPoloniex Lending Botの比較

 Poloniex Lending BOTbitseeder
手数料10%8%
対応言語英語日本語
登録方法独自アカウントTwitter
Facebook
Google
拡張性なし順次拡大予定

Poloniex Lending Bot(以下PLBとする)とbitseeder(以下BSとする)には大きなサービスの違いだけではなく、BSにはユーザビリティ向上のための様々な工夫がされています。

手数料

Poloniexのレンディングでは手数料が利益から一律で15%を引かれます。

そこからサービス手数料としてPLBでは10%、BSでは8%となり、仮に現物価格を28万円、元本100BTCを0.1%のレートで運用するとと仮定しこれを計算すると

 PLBBS
レンディング手数料0.015BTC
(4,200円)
0.015BTC
(4,200円)
BOT手数料0.0085BTC
(2,380円)
0.0068BTC
(1,904円)
1日の利益0.0765BTC
(21,420円)
0.0782BTC
(21,896円)

1日あたり476円の利益の差が発生します。

計算式

(( 元本 * 金利 ) ― レンディング手数料 ) ― BOT手数料

=利益 / 日

利益差

レンディングは超長期借りるトレーダーは稀なので基本的には数日で返済されます。これを3日で返済を1サイクルと仮定し複利を計算すると

 PLBの利益BSの利益差額(BS-PLB) 
1ヶ月(30日)0.55248161 BTC
(154,695円)
0.61275233BTC (28,171,571円)0.06027072BTC (16,876円)
3ヶ月(90日)1.67414982 BTC
(468,762円)
1.85678434BTC (519,900円)0.18263453 BTC (51,138円)
6ヶ月(180日)3.39925922 BTC
(951,793円)
103.77008750BTC (1,055,625円)0.37082828BTC (103,832円)
1年(360日)7.00860869 BTC
(1,962,410円)
7.77318418BTC (2,176,492円)0.76457549BTC (214,081円)

上記の様になり、年利で計算するとPLBは約7%なのに対し、BSは約7.8%となり価格差は214,081円 / 年と大きく異なります。

bitseeder特有のサービス

BSにはPLBにないユーザビリティを向上させるサービスを提供しています。

分割貸出機能

ユーザーが所持している仮想通貨を一度に貸し出すのではなく、一定時間ごとに分割して貸し出すことができる分割貸出機能があります。利点としては一人のトレーダーに仮想通貨をレンディングした際、その一定金利で長期間(数ヶ月)借りられてしまうと金利が上がった際に回収したくてもできず、“対象を分散することによりリスクを回避する”ことが可能です。

また上記でも取り上げた様に金利は刻一刻と変動するため、低金利時にレンディングを集中しない様”時間的分散”を行うことにより、より効率的にレンディングを行い無駄を省きます。

手数料の一部無料化

BSでは一定桁数以下の手数料を無料としています。これはレンディング後に短期間で戻った場合も手数料が無料になるようにしてあり、微々たるものですが長期的に見ると大きな違いとなってくるでしょう。

対応通貨

Poloniexに上場してあり、かつレンディングサービスのあるものに限られますが13通貨となっています

 ISO時価総額時価総額順位価格インデックス
BitcoinBTC約4.3兆円1位約266,362円
EthereumETH約2兆円2位約22,527円
RippleXRP約1.5兆円3位約39.7円
LitecoinLTC約1,957億円5位約3,820円
DashDASH約1,234億円7位約16,880円
MoneroXMR約900億円8位約6,2060円
Stellar LumensSTR約626億円10位約6.5円
DogecoinDOGE約463億円11位約0.42円
BitSharesBTS約297億円19位約28,006円
MaidSafeCoinMAID約226億円23位約50円
FactomFCT約144億円27位約1,655円
ClamsCLAM約17億円79位約775円

創設者へのインタビュー

今回イーサリアム・ジャパンはbitseederのCo-founderの方にお話を聞きました。

レンディングサービスを提供する理由

仮想通貨は御存知の通りプロトコルに従いマイニング報酬としてネットワークに対応する通貨が発行される。これは銀行が関わるものではなくCode is Lawに従い新たな通貨が発行されるため、通常銀行という第三者機関に委託しその金額を銀行が運用しユーザーがフィアットを預け入れるインセンティブを高めるため金利を配当するということが仮想通貨にはない。

「トレードというのはゼロサムゲームであり、市場参加者の中で生き残るのは5%前後であり利益を出し続けるということはとても難易度が高いものとなっています。仮想通貨はフィアットへの投資とは異なり、インカムゲインが得られないという最大の弱点があります。」

と述べており、黎明期と比較してもレンディングという金利を複利で得ることができ、トレードという極端なハイリスクハイリターンのゼロサムゲームに参加することなく”時間効用”によりリスクを最小限に抑えられることを指摘。更にフィアットとは比べ物にならない収益を得られるレンディングという選択肢を投資家にオファーすることにより、仮想通貨の長期的展望を持つとしています。

「ビットコインを例にすると1年前までは1BTCが5万円前後だったのに対し、現在は約30万円という価格推移を示しています。これはレンディングにより安定的な高収益を得ると同時に、キャピタルゲインも同時享受することができることがわかります」

この様にレンディングを行うという大きなインセンティブがあることを指摘した後、マニュアル操作での時間の浪費という欠点を述べ、この点をレンディングサービスにより”日本語”で提供することにより、投資家にとって参入しやすくなるという点をあげています。

サービスの拡張性

投資家にとってポートフォリオは自己の資産を評価するのに最も重要なものであり、無くてはならない物となっています。対して仮想通貨の場合、Poloniexでは基本ビットコイン建てでのアルトコイン評価となるため資産状況を把握するのは手間がかかり、bitseederでは今後の拡張性として

「ユーザーが所持する仮想通貨の資産状況を自動取得し、BTC建て、日本円建てでのポートフォリオサービスを検討しています」

と述いますべて。また現サービスとユーザビリティの向上を第一に考えていると強調しています。

仮想通貨の今後の展望

ブロックチェーン技術を基にした仮想通貨はまだ黎明期であり、投資家保護も整っておらず、市場規模の小ささ故にマーケットマニピュレーション、カウンターパーティリスクを抱えているもののリターンは非常に大きく長期的に見ると市場全体が上昇傾向にあることを指摘。

「株やFXとは異なり、日々ブロックチェーン技術は発展しており経済に大きな影響を与えてることがわかります。将来は仮想通貨だけで経済が回るというようなことも夢ではないでしょう。」

と仮想通貨の可能性を述べ、資産の一部を分散投資することによりこの恩恵を受けるという手段も悪くないとしています。

結論と考察

日本は現在プロトレーダーから裕福層、更には一般層の資金までもが仮想通貨に流入し世界でも稀な仮想通貨投資大国となっています。その昔は”投機だ”と批判されましたが現在のビットコインが約7倍に高騰し、その価格を維持できてることにより投機から投資へと本質的に変わるものとなっています。

機関投資家の参入

ウィンクルボス兄弟のビットコインETFが期待されていたのは、世界で初のビットコインETFとして承認され機関投資家の参入が見込め価格が爆発的に上昇するというものでした。BSの方が言われている様にインカムゲインを安定して得ることが出来るというのは長期的に保持することを考えるととても重要なことであり、フィアットの金利を大幅に超えるレンディングは大きなインセンティブとなるでしょう。

また、同時にキャピタルゲインも得られることもありうまく運用することで最大の効率を簡単に出せるというこもとても重要です

ビットコイン高騰による利率の推移

これはPoloniexでレンディングを行っていたユーザーの2月から現在までのレンディングの金利の推移ですがビットコインの価格上昇とともに金利が安定しているのがわかります。

©cryptowatch

これからの投資は時代の変化とともに変わっていき、レンディングによる金利で生活する時代が来るかもしれません。

 

bitseeder公式

1BTCからでもレンディングをはじめられるbitseederは下記よりアクセスできます。

bitseeder公式ツイッター

 





スポンサーリンク


ビットコインやイーサリアムその他仮想通貨の情報はツイッター上で速報を出しています。




Donate with IndieSquare



仮想通貨ランキング

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2017 イーサリアム・ジャパン

テーマの著者 Anders Norén