2017エンタープライズイーサリアムの誕生 Consensys公式発表


企業のイーサリアムブロックチェーン

企業のブロックチェーン技術を使用はこの2年間で予想だにできないほどの進化を遂げてきました。

 

初期のビットコインの実証実験からはじまり、銀行幹部の創設への加入、パブリック分散型イーサリアムアプリケーションプラットフォームのローンチ、現在多くのイーサリアム技術を使用し開発を進められているプライベートまたはパーミッションドブロックチェーンシステム、産業コンソーシアムの組み立てを経て2017年ブロックチェーンはトップエンタープライズITトレンドとして頭角を現しています。

スポンサーリンク

 

ブロックチェーンの新時代

マーケットはすでにイノベーターが初期のアプリケーションを作成するとともにテクノロジーを効率的に構築する黎明期をすでに大きく離れ、もしかすると早期システム導入段階さえ過ぎてしまったかもしれない。そしてますます主流のエンタープライズIT組織は自分たちを教育し、ブロックチェーンを実験するだけには留まらず、斬新な使用事例や複雑なITチャレンジをこのテクノロジーとともに取り組むことを目指している。

更に頻繁にコンセンシスのクライアントはProof of Concept(概念実証)ではなくMinimum Viable Product(実用最小限の製品)構築または製品を生み出すことのできる準備環境の構築についての支援を望んでいます。

 

この旋風、あえていうならトルネードともいえるこの革命により、確かなキーテクノロジーは事実上の標準であるブロックチェーンプラットフォームとして出現する中、IT組織はその複雑さとそのテクノロジーの機能に圧倒されることは明白でしょう。

イーサリアムのエンタープライズ商品としての価値

今日ではイーサリアムは間違えなくエンタープライズ開発としてもっとも一般的に使用されているブロックチェーン技術であり、世界規模で20,000人を超えるデベロッパーがおり、約10億$の価値を持つパブリックチェーンのメリットと新興のオープンソースエコシステムの開発ツールを持ち、アクセンチュアは「全ての誇り高いイノベーションラボはイーサリアムで実験と実行を行っている」でいるのはさほど不思議ではない。

クラウドベンダーもイーサリアムを第一級市民としてサポートし、アリババクラウド(Alibaba Cloud) マイクロソフトアジュール(Microsoft Azure)レッドホット (Red Hot)オープンシフト(Open Shift)ピボタルクラウドファンドリー(Pivotal Cloud Foundry)は主要なブロックチェーンではないにしろイーサリアムの機能を実装しています。

 

なぜ企業がイーサリアムを導入するのか?

スポンサーリンク

 

1.イーサリアムのソフトウェアは広く入手が可能

単純にイーサリアムのクライアントをダウンロードし 、自分に最適な開発環境を用意し開発をはじめるだけです。

 

2.イーサリアムは色々な用途で使用ができ簡単にプログラミングが可能

フルスタック/ウェブデベロッパーはものの数時間でスマートコントラクトのプログラミング言語であるSolidityを習得し、さらにはわずか数日で初となる分散型アプリケーション(Decentralised Application)を開発してしまうでしょう。

 

3.豊富な資料

コードサンプル、開発フレームワーク、トレーニングなどとても豊富です。

 

イーサリアムブロックチェーン製品

よって企業がイーサリアムブロックチェーンを選択するということは一つも不思議なことではありません。

 

今日、企業は例をあげるとサプライチェーンの追跡、決済、データプライバシー、コンプライアンスと資産のトークン化などの様々な分野の周辺でプライベートイーサリアムネットワークはデプロイされています。

たしかに投資銀行が完全に有価証券の交換と決済をイーサリアムネットワークへ移行するのをまだ目にしていませんが、コンセンシスはすでに金融サービスにおいてもイーサリアムブロックチェーンネットワークの製品を目の当たりにしています。

 

イーサリアムの課題

企業がイーサリアムを導入するには多くの課題に直面しています。

 

1.トラストレス

イーサリアムは信頼できないトランザクション要求が絶対性能を上回るパブリックチェーンデプロイメントのために最初のうちは開発されました。現在のパブリックチェーンのコンセンサスアルゴリズム(Proof of Work)はネットワークと信用できるユーザーやシステムと高い処理能力の要求では過剰な状態である

 

2.パブリックブロックチェーンの制限

定義されているパブリックチェーンはプライバシーとパーミッション要求は制限されています。(少なくとも最初は)

イーサリアムはスマートコントラクトとネットワークレイヤー内でのパーミッションの実装を可能としていますが、従来の企業セキュリティと独自の構造やデータプライバシーの要求などの形にとらわれないものとは容易な互換性がありません。

 

3.直面するチェーン問題

必然的に、現在のイーサリアムの改善プロセスは主にチェーンの問題に支配されており、以前エンタープライズIT要求の明確化とその中から優先順位を決めることは大きな課題でした。

 

イーサリアムを採用する企業 

その結果、多くのプライベートイーサリアムネットワークを実装している企業は細かく調整されたまたはフォークされたオープンソースでの実装、独占のベンダーを拡張しデプロイメント要求に対処することに依存していました。これらの一部は究極に洗練されており、 コンピューターサイエンスの最先端を行っています。

例:BlockApps STRATO, Hydrachain, Quorum, Parity, Dfinity, Raiden

理解ができ、今までで唯一効果的なアプローチである一方、アプリケーションの移植性の欠如、コードベースの断片化、ベンダーの拘束という欠点が明らかである。

イーサリアムファンデーションの功績

驚くことではなくこれは企業テクニカルベンダー、法人ユーザー、イーサリアム創設者の間で個々数ヶ月の話題となっています。この議論はヴィタリックとイーサリアムファンデーションの恩恵と関与により広がり、

専用の企業テクノロジーベンダーグループ、最大の法人ユーザー、イーサリアムの基盤リーダーが”エンタープライズイーサリアム”を定義するためロードマップ、法制、ガバナンス、初期の技術開発を共同で定義しています。

TCP/IPとHTTPとあるいは(ソフトウェアの視点から見ると)より関連性が高い JavaとHadoopのような他の重要なプラットフォーム技術の方針とある程度平行しています。

 

新たな時代の技術

Javaは広範囲に使われる企業開発ツールとすることを目的としたものではありませんでした。

元は対話型テレビ用に開発されたものですが(特にセットトップボックスとスマートカードーJavaカードを覚えてる人がいるだろうか)Javaはデータベースバックエンド(ウェブクライアントサーバーまたは三層構造として知られている)とともにWeb開発に多くのアドバンテージを持っていました。Javaは総合的なWebとデータベースAPIを持ち、”一度書けばどこでも動く”プラットフォームポータビリティ、簡易化されたオブジェクト指向プログラミングをよく知っている構文で構築しそして、素早い開発環境エコシステムを提供しています。実際にJavaのエンタープライズエディション(当時はJ2EE)を作成したのはサン・マイクロシステムズででさえなく、これは勇気のあるスタートアップ(WebLogic)と企業顧客グループと他のベンダーで同様にHadoopはWebをインデックスするのと広告配信のために作成されました。そしてTCP/IPが今日のプロトコルとしてどこにでも本当に存在すると誰が予見できたでしょうか?

 

エンタープライズイーサリアムの始動

イーサリアムは数少ないもの一つで、実際おそらく唯一のJavaと同じ軌跡とポテンシャルを持つブロックチェーン技術です。

企業導入を促進するための早期パブリックパーミッションレス(非許可型)vs.プライベートパーミッションド(許可型)の差別化でさえ、企業がセキュリティと利用可能なパブリックインフラストラクチャのスケーラビリティの問題の対応に慣れる前にインターネットとイントラネットのデプロイメント検討を強い反映しています。

キーとなる採用者とイーサリアムの企業使用のサポーターとシェイパー をまとめ上げることによって、コンセンシスはテクノロジーを提供するだけに留まらず、プラットフォームさらにはガバナンスと標準となるエンタープライズイーサリアムを作成できるツールを提供しようと試みています。企業要件に十分なガバナンスを開発するが”委員会による死”ではなく ”行うために支払う”ということを除くビルダーと実行家のグループです。

一部の共同者はこのアプローチの斬新な性質と単一の基準とオープンソースコードベースを確立することによって達成することのできる技術的な進歩のペースに注目しました。さらにエンタープライズイーサリアムは現在のイーサリアムのスケーリングマップを基にし、パブリックイーサリアムとの互換性と相互運用を維持します。実際、コンセンシスはエンタープライズイーサリアムはイーサリアムの全体的な開発に大きな貢献になると信じています。

media.consensys.net

 





スポンサーリンク


ビットコインやイーサリアムその他仮想通貨の情報はツイッター上で速報を出しています。




Donate with IndieSquare



仮想通貨ランキング

次へ 投稿

前へ 投稿

1 コメント

  1. fuego 2017年3月6日

    I would like to support Ethereum in Japan.

返信する

© 2017 イーサリアム・ジャパン

テーマの著者 Anders Norén