ディフィカルティボム(Difficulty Bomb)とは


ディフィカルティボムの意味とは?

ディフィカルティボムはコンセンサスアルゴリズムの一つであり、その目的はマイニングのディフィカルティを特定のブロックで将来的に任意でハードにするというものです。ディフィカルティボムに到達した際、マイナーは新しいブロック生成するのはよりハードになりその結果、頻繁にはブロック報酬を得られなくなります。

これにより最終的にはマイニングが不可能になるともいわれおり、ディフィカルティボムはイーサリアム(ETH)がProof of Stakeに移行する一つの理由でもあります。

スポンサーリンク

ディフィカルティボムのおおよそのスケジュール

Pythonのスクリプトによる計算結果は下記となります

・Difficulty on 2016-06-03 is 35.15 T and average blocktime is 14.99 seconds.

・Difficulty on 2016-07-07 is 35.18 T and average blocktime is 15.00 seconds.

・Difficulty on 2016-08-02 is 35.25 T and average blocktime is 15.03 seconds.

・Difficulty on 2016-09-06 is 35.56 T and average blocktime is 15.16 seconds.

・Difficulty on 2016-10-02 is 36.40 T and average blocktime is 15.52 seconds.

・Difficulty on 2016-11-06 is 40.17 T and average blocktime is 17.13 seconds.

・Difficulty on 2016-12-02 is 48.56 T and average blocktime is 20.71 seconds.

・Difficulty on 2017-01-05 is 88.83 T and average blocktime is 37.88 seconds.

Blocktime over one minute in January 2017

・Difficulty on 2017-02-09 is 249.8 T and average blocktime is 106.5 seconds.

・Difficulty on 2017-03-07 is 679.3 T and average blocktime is 4.829 minutes.

・Difficulty on 2017-04-02 is 1.753 P and average blocktime is 12.46 minutes.

・Difficulty on 2017-05-07 is 6.907 P and average blocktime is 49.09 minutes.

Blocktime over one hour in May 2017

・Difficulty on 2017-06-02 is 20.65 P and average blocktime is 146.8 minutes.

・Difficulty on 2017-07-07 is 82.50 P and average blocktime is 9.773 hours.

Blocktime over one day in July 2017

・Difficulty on 2017-08-02 is 219.9 P and average blocktime is 26.06 hours.

・Difficulty on 2017-09-05 is 879.6 P and average blocktime is 4.342 days.

Blocktime over one week in September 2017

・Difficulty on 2017-10-02 is 2.639 E and average blocktime is 13.02 days.

Blocktime over one month in October 2017

・Difficulty on 2017-11-05 is 10.55 E and average blocktime is 7.443 weeks.

・Difficulty on 2017-12-01 is 28.14 E and average blocktime is 4.962 month.

・Difficulty on 2018-01-05 is 112.5 E and average blocktime is 19.84 month.

ホームステッドによるディフィカルティボムの調整

ヴィタリック曰く、ホームステッドによってディフィカルティボムの予定は少しだけ遅らせることができたそうです。

スポンサーリンク

 

変更は最後のハードフォークによってディフィカルティアルゴリズムの調整をもたらされ、氷河期は更に遅らせることができました。もともとディフィカルティ(以下採掘難易度)の最大値は1/2048xで、通常のディフィカルティは~2**45で3,500,000ブロック目からはより減速するより早く増加し、プロトコルは即座にフリーズしてしまいます。

今はブロックタイムが十分に遅い場合、ディフィカルティをダウン調整することが可能ですが、両者とも均等に釣り合いがある状態です。

ブロック350万(今から1年後)25秒のエクリブリウムブロックタイムを10万ブロックに迎え、35秒を更に10万ブロック(おおよそ1.4ヶ月後)、~55秒を~2.2ヶ月、95秒がおおよそ3.8ヶ月、以後~655秒が~26ヶ月(ビットコインよりも少々悪い)

そしてその後~99/2048でプロトコルブレイクが起こり、最後の破滅は2021年に起こります。(2017年半ばには大きな問題となるでしょう)

 

by ヴィタリック

時期イーサリアム大型アップデート

今週はイーサリアムにとっての4回目のハードフォークである「スプリアスドラゴン(まがいの竜)」、それに続いてイーサリアムネットワークの膨張クリアプロセスを完了し、9月と10月のネットワーク遅延を引き起こしたDoS攻撃の解決策である2回のハードフォークの最終ステップを完了しました。

ガスリミットはイーサリアムネットワークの正常化のためガスリミットを400万に引き上げる手続き中で、クライアントが状態データのより素早い読み込みができるのを終える追加の最適化として引き上げられるでしょう。

 

開発の進展

これらのイベントの真っ最中にC++とGo開発チームによる、Solidityツールの改善、Gethの軽いクライアントのリリース、Parity、EthereumJそしてParityの「ワープ同期」の様な外部の開発チームによる独自のテクノロジーにより継続的なの素晴らしい進歩を見ることができ、多くのこのようなイノベーションは多くのユーザーのためにすでにリリースされており、更なる技術革新も近いうちにリリースされるでしょう。

しかし同様にリサーチサイドでは多くの密かな進展をしており、本質的には漠然としており、ローレベルなプロトコルの改善はイーサリアムのメインネットワークに実装するには少し時間がかかります。

イーサリアムファンデーションはこの多くの進歩がすぐに実を結ぶことを期待しています。

メトロポリス

メトロポリスはイーサリアムの次期大型アップデート(ハードフォーク)で、メトロポリスはセレニティほど大規模なものではなく、キャスパー(Proof of Stake)の実装は含まず、

シャーディング(データの大きさ調整)またはそれに類似したイーサリアムがどのようにして動くかの大幅に抜本的改革であり、プロトコルの一連の小さな改善になる見込みで、ホームステッドより大幅に改善されており大きな改善点は下記の様になります。

 

・EIP86(アカウントセキュリティのアブストラクション)

署名の検証とノンスのロジックをコントラクトへ移動し、デベロッパーは新しい署名スキームを試すことができ、プライバシーの保護テクノロジーと更なるハードフォークを必要としない部分的なプロトコルの修正またはプロトコルレベルでのサポート、 またコントラクトでガスの支払いが可能となります。

 

・EIP96(ブロックハッシュとイーサリアムネットワークの状態ルート変更)

簡略化されたプロトコルとクライアントの実装、そして軽いクライアントへのアップグレード、更に安全にする高速同期プロトコルを可能とします。

 

・楕円曲線演算と大整数演算のためのプリコンパイル/ネイティブコントラクト(EVM=イーサリアムヴァータチャルマシーンが処理できるバイナリ形式のスマートコントラクト)、リング署名またはRSA暗号(公開暗号鍵の一つ)をベースとしたアプリケーションを効率よく実行する

 

・より高速なトランザクション処理を可能ににする効率的でな多くの改善

 

今週の多くはイーサリアムファンデーションが「アブストラクション(抽象化)」にプロトコルを移行させるという長期に渡ってのプランの一部で、基本的にコントラクトの作成を制御する複雑なプロトコルのルール、トランザクションの検証、マイニングとシステム動作の様々な側面の代わりであり、イーサリアムファンデーションは可能な限りのイーサリアムプロトコルのロジックをEVMに実装し、そしてプロトコルのロジックを単にコントラクトと一つのものとすることを試みています。

このクライアントの複雑さの軽減は,長期に渡るコンセンサスの失敗のリスクを軽減し、ハードフォークを安全で行いやすくします

本質的に、ハードフォークは単にいくつかのコントラクトのコードを変更する設定ファイルを指定することができ、ボトムレベルのプロトコルの「可動部」を減少させることによって、イーサリアムの攻撃される可能性を大幅下げることができ、より幅広いプロトコルのユーザー実証実験を広げます

 

例:新しい署名スキームへのプロトコルの同時アップグレードの代わりに、ユーザーは実証実験と実装を独自に行うことができる

ローレベルプロトコルの他の部分は下記のようなめどが立っています。

 

・いくつかのスタティック分析をEVMで行いやすくする「EVM1.5の提案」WASM(WebAssembly)との互換性を容易にする

 

ゼロ知識証明の統合

 1)明白なZKPオペコード/ネイティブコントラクト

2)ZKPのキーとなる計算集約型の因子のための一つのオペコードまたはネイティブコントラクト、具体的には楕円曲線対の計算

 

上記2点を介したものである可能性が高い

 

・更なるアブストラクションの度合いとプロトコルの簡素化

更なる詳細のドキュメントとこれらの全てのトピック上の議論は数ヶ月後にはまとまるでしょう

特にキャスパー(Proof of Stake)の仕様をテストネットで実行可能な概念実証(Proof of Concept)をリリースすることに最善を尽くします。

 

 





スポンサーリンク


ビットコインやイーサリアムその他仮想通貨の情報はツイッター上で速報を出しています。




Donate with IndieSquare



仮想通貨ランキング

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2017 イーサリアム・ジャパン

テーマの著者 Anders Norén