イーサリアム・ジャパン

元Geminiの弁護士:「SECはビットコインETFを承認しそうにない」


ビットコインETFのデッドライン

現在世界中が見守るウィンクルボス兄弟のビットコインETF。実際にSECのに承認されると機関投資家の参入によりビットコイン価格の高騰を引き起こすとし、多くの注目が集まっている。

スポンサーリンク

Gemini取引所の元弁護士

世界で初となるビットコインETF(上場投資信託)となるための申請を手伝った弁護士のうちの一人はSECが近い将来増えるであろうウィンクルボス兄弟のETFのような申請をSEC(米国証券取引委員会)が承認するかどうか疑いを抱いている。Gemini(ウィンクルボス兄弟のビットコイン取引所)の元法務顧問 David Brill氏による批判は、全雇用主であるウィンクルボス兄弟の実験的ビットコインETFの承認受け入れのデッドラインは3月11日であり、残り期限が少ないため深刻であるとしている。

またBrill氏はビットコインETFの設立とより広域のプロビットコインの規制を”支持する”と事あるごとに指摘していますが、その予想はビットコインETFの成功の兆しではありません。

中国市場が与える承認への影響

Brill氏はCoindeskとのインタビューの中で、中国のビットコイン市場が価格に影響を与えるなどの要因によりビットコインETFの承認を得ることが難しいのではないかと考えていると説明した。

スポンサーリンク

Brill氏によると

他の全ての理由の中でも、米国証券取引委員会はGeminiのAMLガイドライン(マネーロンダリング対策)にそぐわない可能性のある取引所で行われている主要取引のプロダクトと前向きに検討していきたいため、それはどうやら難しいようだ。

 

20年の弁護士としてのキャリアを持つBrill氏は、2003年から2010年にかけてロイターを買収したトムソンファイナンシャルに勤めていました。

 

ビットコインの中国中央集権問題

スポンサーリンク

ビルはウィンクルボス兄弟のビットコインETFが主要な証券取引所で事業展開を行うことを最終的に認可されると強く信じているにもかかわらず、SECはビットコインのトランザクションの95%が中国で行われている間はビットコインETFを認可しないとし また、最近の中国政府による暗号通貨取引所への取締とマネーロンダリング対策は更に承認の可能性を低くするだろうとBrill氏は述べています。

 

アメリカでは大多数の圧倒的な取引は行われておらず、そのルールと規制が適用されている中国とアメリカでのルールが一致しない

と述べています。

 

ビットコイン銀行

Brill氏は米国法協会(ABA)のメンバーとしてABAのフロリダで行われる「デリバティブと先物法委員会会合」に取り組んでおり、委員会の会合ではBrill氏はビットコインETFに対する懸念と、通貨監査官事務所により提案された一部のビットコインカンパニーに銀行としての地位を最終的に与えるかもしれない合衆国のフィンテック特権というプランの潜在的な影響について詳しく述べる予定です。

 

ビットコイン取引所の特権

ビットコインETFの承認に関するBrill氏の懸念と同様に、その条件を満たすビットコイン取引所が特権を適用されるのを同時に見たいと述べているが、実現するかどうかは懐疑的です。

自分の意見としては最終的に特権をビットコインカンパニーに与えることは可能であるが、現時点では特権の範囲に関する実際の問題と政府と多くの民主党上院議員とOCC(監査官事務所)間における意見の総意があります。

特にBrill氏は、アメリカの各州における反対について指摘しており、もし最終目標がアメリカが他の国と更に競合させることだとしても、反対派の一部はOCCにはその特権は度を越していると主張している。

 

意見書の提出

今週の初め、ニューヨーク州金融監査局の最高責任者のMaria Vulloは金融技術会社へ提案された国家憲章に反対した意見書を提出した。

Vullo氏は下記の様に

既にOCCは委託銀行であろうと非委託銀行であろうと銀行業と貸出業の交差するフィンテック活動を規制している州法を侵害しようとするため技術の進歩を言い訳として使用すべきではない

と記述している。

更に、ちょうど1日早くAmerican Banker(アメリカの銀行業と金融産業ニュース)によると上院議員のSherrod Brown(オハイオ州)とJeff Merkley(オレゴン州)は憲章に反対のVullo氏と同様の ”搾取することを目的としたオルタナティブファイナンシャルサービスのプロバイダー” の蔓延を許すことになることの懸念をあげた意見書を作成した。

ドナルド・トランプがビットコインに与える影響

日本の仮想通貨界隈で頻繁にトランプ氏はどのような影響を与えるかという議論をめにすることがある。

トランプ氏の発言影響はビットコイン高騰か暴落か?

ドナルド・トランプの合衆国大統領就任直前、Brill氏は「トランプ氏は慎重ながらビットコインカンパニーにとって将来有望な環境について楽観的である」と述べ、ローカルビジネスの厳しい視点から、トランプ氏はプロビットコインのスタンスを取る可能性があるとしています。

しかし、トランプ氏の期待される政策”中国との貿易戦争”の懸念を考慮し、国家にとってビットコイン取引の優位性はなんらかの障害になるのではないかと述べている。

ビットコインスタートアップ

トランプ氏の今日のABA(米国銀行協会)での演説では、ビットコインスタートアップのための更に豊かな規制環境を作るより大きなトレンドについて意図的に話したとしており、

どのようなアプローチがビットコインカンパニーがアメリカ全体に拡大していきやすくするかを見たい。なぜなら現在各州は行いたいことがそれぞれ違うため極端に難しくなっているからです。

とBrill氏は結論づけています。

原文:Coindesk

www.coindesk.com





スポンサーリンク


ビットコインやイーサリアムその他仮想通貨の情報はツイッター上で速報を出しています。




Donate with IndieSquare



仮想通貨ランキング

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2017 イーサリアム・ジャパン

テーマの著者 Anders Norén